平成29年度 九十九里道路 補強土壁設置工事

・1枚目 <掘削状況>
掘削をして土砂が崩れるのを防止するため法面を整形している所です。

・2枚目 <基礎コンクリート完了>
土留用の補強土壁を据え付ける為の基礎を打設した所です。ここから土壁を積上げて壁を作って行きます。刺さっているのは鉄筋で土壁が前に行かない為の止めです。

・3枚目 <補強土壁設置状況>
1枚づつズレが無いように垂直に据え付けています。横も水平になるようにキャンバー(差物)を入れて調整しています。下のズレが上ではかなり大きなズレになるので慎重に作業しています。

・4枚目 <暗渠排水設置>
土の中に有孔管(管に穴が開いている管)を埋設した所です。上部から浸透してきた水を集めて流す役割があります。周りの砕石は水を呼び込む為に入れてあります。

・5枚目 <アンカー設置完了>
アンカーを取付けて引っ張りこれを埋める事により補強土壁が倒れない構造になっています。1枚につき2本取り付けるので本数もかなりの量になります。

・6枚目 <BOXカルバート設置完了>
何個もの四角いコンクリート製品をつなぎ合わせて、トンネルが完成しました。この中を人が歩いて海へと抜ける事が出来ます!写真では小さく見えますが、実際は大きいですよ!

・7枚目 <完成>
全ての工事が完成して上空から撮影した写真です。全体を見るととても綺麗に仕上がったと思います。通る機会があったら思い出して下さい!

PAGE TOP